吉水神社

 

吉水神社(よしみずじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町にある神社である。旧社格は村社。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっている。 もとは金峯山寺の僧坊・吉水院(きっすいいん)で、明治の神仏分離の際に神社となった。後醍醐天皇を主祭神とし、南朝方の忠臣であった楠木正成、吉水院宗信法印を配祀する。 社伝では、白鳳年間に役行者により建立されたと伝えられる。南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に潜幸したとき、宗信法印の援護を受けて吉水院に行宮を設け,一時居所とした。後醍醐天皇の死去の後、後村上天皇が後醍醐天皇の像を作って吉水院に奉安した。 明治の神仏分離の際に僧坊・吉水院は廃され、明治8年(1875年)、その跡を後醍醐天皇を祀る神社として吉水神社に改称し、村社に列した。 後醍醐天皇のほか、源義経や豊臣秀吉ゆかりの地でもあり、多くの文化財が所蔵されている。本殿は吉水院であったころの護摩堂である。隣接する書院には、後醍醐天皇の玉間と源義経が潜居したと伝えられる間があり、重要文化財に指定されている。

 

紀伊山地の霊場と参詣道

紀伊山地の霊場と参詣道(きいさんちのれいじょうとさんけいみち)は、和歌山県・奈良県・三重県にまたがる3つの霊場と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)を登録対象とする世界遺産(文化遺産)。2004年7月7日に登録された。

Categories

?
●ホーム
知床
白神山地
●日光の社寺 
日光東照宮  日光二荒山神社  輪王寺
●白川郷・五箇山の合掌造り集落 
白川郷  五箇山
●法隆寺地域の仏教建造物 
法隆寺  法起寺
姫路城
●古都京都の文化財 
賀茂別雷神社  賀茂御祖神社  東寺  清水寺  延暦寺  醍醐寺  仁和寺  宇治上神社  平等院  高山寺  西芳寺  天龍寺  鹿苑寺  慈照寺  龍安寺  西本願寺  二条城
●古都奈良の文化財 
東大寺  興福寺  春日大社  元興寺  薬師寺  唐招提寺  平城宮  春日山原始林
●紀伊山地の霊場と参詣道 
吉野山  吉野水分神社  金峯神社  金峯山寺  吉水神社  大峯山寺  熊野本宮大社  熊野速玉大社  熊野那智大社  青岸渡寺  那智滝  那智原始林  補陀洛山寺  金剛峯寺  金剛三昧院  慈尊院  丹生都比売神社  丹生官省符神社  玉置神社  熊野川  小辺路  大辺路  七里御浜  花窟神社  高野山町石道
原爆ドーム
厳島神社
石見銀山
屋久島
●琉球王国のグスク及び関連遺産群 
勝連城  今帰仁城  座喜味城  中城城  首里城  識名園  斎場御嶽