石見銀山

 

鎌倉時代末期の延慶2年(1309年)に周防の大内弘幸が石見に来訪して北斗妙見大菩薩のお告げにより銀を発見したという。石見銀山が開発された時期は日本経済の商業的発展の時期と重なっていた。このため、製錬された灰吹銀はソーマ銀と呼ばれ、そのまま日本産銀の銘柄のひとつとして商取引に利用され、またこの灰吹銀を譲葉状に打ち伸ばし加工された石州丁銀およびその後の徳川幕府による慶長丁銀は基本通貨として広く国内(主に商人が活躍した上方を中心とする西日本)で流通したばかりでなく、中国・明、16世紀後半からマカオを拠点に来航するようになったポルトガル、17世紀初めに来航したオランダ東インド会社などとの間で、石見銀山の銀を媒介とする世界規模の交易が行われた。

 

石見銀山

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)であり、大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。 日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に指定。2007年(平成19年)6月28日にニュージーランドのクライストチャーチで開催されていた世界遺産委員会でユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録が決まり、7月2日に正式登録された。

Categories

?
●ホーム
知床
白神山地
●日光の社寺 
日光東照宮  日光二荒山神社  輪王寺
●白川郷・五箇山の合掌造り集落 
白川郷  五箇山
●法隆寺地域の仏教建造物 
法隆寺  法起寺
姫路城
●古都京都の文化財 
賀茂別雷神社  賀茂御祖神社  東寺  清水寺  延暦寺  醍醐寺  仁和寺  宇治上神社  平等院  高山寺  西芳寺  天龍寺  鹿苑寺  慈照寺  龍安寺  西本願寺  二条城
●古都奈良の文化財 
東大寺  興福寺  春日大社  元興寺  薬師寺  唐招提寺  平城宮  春日山原始林
●紀伊山地の霊場と参詣道 
吉野山  吉野水分神社  金峯神社  金峯山寺  吉水神社  大峯山寺  熊野本宮大社  熊野速玉大社  熊野那智大社  青岸渡寺  那智滝  那智原始林  補陀洛山寺  金剛峯寺  金剛三昧院  慈尊院  丹生都比売神社  丹生官省符神社  玉置神社  熊野川  小辺路  大辺路  七里御浜  花窟神社  高野山町石道
原爆ドーム
厳島神社
石見銀山
屋久島
●琉球王国のグスク及び関連遺産群 
勝連城  今帰仁城  座喜味城  中城城  首里城  識名園  斎場御嶽